事故対応講習

事故対応講習の特徴

当協会会長の蜂須賀は、過去11件の重大人身事故について、会社の代表として対応したことがあります。
遺族の方との対面は非常に心苦しいものであり、保険会社に対応をまかせたくなる会社が多いですが、加害者よりも遺族の方が耐え難い苦しみを抱えています。

人として会社として、誠心誠意対応を行うことが一番重要なことでありますが、方法を間違えてしまうと、誤解が生じてしまったり、遺族の方の感情を逆なでしてしまったり、意図したことと違うことで更なる精神的な加害者になってしまう可能性があります。

当協会では、講習会の開催、出張研修などを通して、事故時の現場での対応の他に、人として会社として対応すべき内容・方法、遺族の方との話し合いの方法などについてサポートいたします。協会会員の企業様向けに、事故時のホットラインも設置予定です。

また、国土交通省の監査に対して、日頃から正しく管理・運用する方法を指導します。正しい心で経営をしている会社が、間違った管理・運用によって自動者の使用停止、事業停止、許可取消といった最悪の事態になることを避けるお手伝いを致します。

お 問 合 せ

当協会の活動内容及び、入会等に関するお問合せはこちら

//]]>