全国セーフティードライバー育成協会とは?

会長挨拶

「運が悪かった」
事故を起こしてしまったしまった方の多くがこう嘆きます。

断じて違います。

ほとんどの事故はおこるべくして起きている事故であり、ドライバーの意識によって防ぐことが可能であったことがほとんどです。運は、その事故が人身事故なのか、物損事故か、単独事故か等々、起きた後の話です。

では、どうしたら事故は防げるのか?
車を運転する全ての人々の課題であり、交通ルールを理解し、完璧に遵守することは最低限必要ではありますが、それだけではゼロに近づけることは叶いません。

当協会は、ドライバーが事故の原因を正しく理解し、それを防ぐための講習はもちろん、ドライバーを指導する運行管理者が、ドライバーの特性に応じた指導方法を身に着けるための講習も行います。

また、万が一悲惨な事故を起こしてしまった場合に、事故現場で最優先で対応すべきことだけでなく、会社として・ドライバー個人としてその事故にどのように向き合うべきか、遺族の方への対応方法は?国土交通省の監査にまで話が発展した場合にどのように対応するべきかといった、会社の存在も左右する事故に対して、正しく対応する方法もサポート致します。

一件でも多くの事故をなくし、運送に関わる会社が発展するお役に立つことを、私の使命として邁進していきたいと思います。

一般社団法人全国セーフティードライバー育成協会
会長 蜂須賀 豊彦

会長略歴

■昭和59年12月 佐川急便株式会社 群馬店入社
約7年間セールスドライバーとして2トン・4トン車にて集配・集金・営業業務に携わった後、20年間運行管理業務を歴任。その間1,000名以上のドライバーを直接指導。
自身が、平成元年10月の全国トラックドライバーコンテスト4トン車部門入賞。その後、育成したドライバーから多数の優勝・入賞者を輩出。
平成24年11月退社。

昭和59年12月 佐川急便株式会社 群馬店入社
営業課に配属
セールスドライバーとして2トン車にて集配・集金・営業業務に携わる
平成01年10月 全国トラックドライバーコンテスト 4トン車部門3位入賞
平成04年03月 運行管理課に配属
係長を拝命し、統括運行管理者として車両160台の運行管理業務を行う
平成13年02月 北関東支社 運行管理課に転勤(埼玉県白岡町)
支社業務・新人ドライバー研修及び埼玉・群馬・栃木・茨城県下各店管理業務を行う
平成15年03月 関東支社 安全推進部 安全推進課に転勤(江東区新砂)
北関東地区課長を拝命し埼玉・群馬・栃木・茨城県下各店巡回及び管理業務を行う
平成17年12月 東京店に転勤(東京23区内にて事故多発の為)
東京23区地区課長として各店管理及び車両370台の店運行管理業務を兼務する
平成20年09月 東京支社 管理部 安全推進課に転勤
関東支社課長として支社業務及び関東の全店管理業務を行う
平成21年03月 前橋店に転勤(関東地区で4か月に3件発生した重大人身事故の管理責任)
安全推進課長として車両110台の店運行管理業務を行う
平成22年03月 久喜店に転勤(平成21年10月久喜店にて重大人身事故発生の為)
安全推進課長として車両187台の店運行管理業務を行い、運輸支局監査に対応する
平成22年08月 越谷店に転勤(平成22年2月越谷店にて重大人身事故発生の為)
安全推進課長として車両225台の店運行管理業務を行い、運輸支局監査に対応する
平成23年03月 関東支社 管理部 安全推進課に転勤(江東区新砂)
北関東支店地区課長として埼玉・群馬県下各店巡回及び管理業務を行う
平成24年03月 群馬店に転勤(営業強化及び経費見直しによる組織編制の為)
営業課長として、高崎市内の顧客管理及び車両105台の店運行管理業務を兼務する
平成24年07月 関東支社 管理部 安全推進課に転勤(関東地区事故多発の為)
北関東支店地区課長に再任、埼玉・群馬県下各店巡回及び管理業務を行う
平成24年11月
平成24年11月 一身上の都合により退職

■平成25年9月 ASKUL LOGIST株式会社入社
約3年間全国の営業所の安全管理業務を行い、新人ドライバー教育及び事故防止・運行管理体制の見直しへの尽力、車両事故半減の目標を達成
育成した新人ドライバー34人全員が無事故を継続中(平成28年12月現在)。
社内のドライバーコンテスト開催を企画運営し、毎年開催する体制を構築。
平成28年7月退社。

平成25年05月 ASKUL LOGIST株式会社入社
東京統括支店配送安全課に配属
課長を拝命し、東京都内6営業所の安全管理業務を行う
新人ドライバー教育及び事故防止・運行管理体制の見直しに尽力しました
平成26年05月 本社安全品質部配送安全課に配属
全国11営業所の安全管理業務を行う
新人ドライバー教育及び事故防止・運行管理体制の見直しに尽力しました
車両事故の半減を目標に事故防止に取り組み、1年目から半減を達成しました
新人ドライバー教育体制を確立し、3年間で34人の新人を育て、全員が無事故を継続中です(平成28年12月現在)
運行管理体制の見直し及び帳票管理を検証し、Gマーク取得レベルに達しました
社内のドライバーコンテスト開催を企画運営し、毎年開催する流れを構築しました
平成28年07月 一身上の都合により退職

■平成28年10月 現職
1件でも多くの事故をなくすため、ドライバーおよび指導者を育成することを残りの人生の使命とする。
31年間無事故・無違反達成、現在も継続中。

協会の目的

当法人は、安全な運転をする職業ドライバーを全国に増やすことでより安全な社会をつくっていくことを目的とする。

協会の活動内容

1.資格認定事業
2.各種教室、イベント、セミナー、講演会等の企画、開催
3.人材育成事業及び研修、教育事業
4.各種映像、デジタルコンテンツ及びアプリ等の企画、開発、制作、配信及び販売
5.電子書籍を含む出版物の企画、製作、監修及び販売
6.その他当法人の目的を達成するために必要な事業

協会概要

名称 全国セーフティードライバー育成協会
Japan safety drivers training association
会長 蜂須賀 豊彦
所在地・連絡先 〒134-0082 東京都江戸川区宇喜田町1405
TEL:03-5679-7123
FAX:03-5679-7124
E-MAIL:info@jst.or.jp

お 問 合 せ

活動ならびに入会等に関するお問合せはこちら

//]]>